インドオフショア開発

日本企業からすれば、地理的近さ、日本語能力、漢字文化圏といった点で

インドより中国の方が はるかに「親しみやすい」と考えられています。

 

しかし、日本企業が国内でアウトソーシングして「成功」してきたやり方(日本的な開発手法)が、

親近感の持てる中国では通用しない現状があります。

仕様が曖昧なまま、仕様変更を頻繁に行いながら品質を高めるというやり方は

日本以外には通用しません。

 

現状、日本企業の多くはオフショア開発の重要性を認識しているが、

その対象としてはやはり距離的な近さや親近感から中国が圧倒的に多くなっております。

 

ただし、その日本語力も日本人のレベルには程遠く、また日本独特の言い回し、

行間を読む必要のある仕様書といった点から、失敗するケースが多いのが現状です。

 

インド側が日本語能力を一層強化し、

日本企業もグローバルな開発手法を少しでも取り入れていくことで、

日本企業の収益向上にかなり貢献できると考え、インドオフショア開発を推進しております。

 

当社は2011年起業の会社ではございますが、

インドオフショア経験者(約10年程度)が集まって起業しておりますので 一度、

 

当社へオフショア開発をお任せ下さい。

Copyright(c) 2010 株式会社アプリズム|apprhythm All Rights Reserved.