Raspberry Piを用いたIoT開発

ラズベリーパイ(略称:ラズパイ)

英ラズベリーパイ財団が開発した超小型のシングルボードコンピューターで
小さくて(名刺サイズ大)高性能なコンピュータです。

小さな1枚の基板に、ARMベースのCPUや、パソコンを構成するハードウェアの大半が詰め込まれており
HDMI/USB/LAN等のインターフェイスを利用することが可能となっている。

これにストレージの役割を果たすSDメモリーカード、電源、デスクトップ環境を備えるOS、
ディスプレイ、キーボード、マウス等を用意して組み立てれば、MacやWindowsパソコンと似たUIで使用することができる。

Raspberry Pi コンピュートモジュール 3 (4,500円/1個)
「Pi 3」相当のハードウェアをよりコンパクトに仕立てたもの。

第三世代は、Wifi接続も可能で、IoTデバイスに搭載して制御するのがより容易になりました。

IoT機器や家電への組み込みを目的としている。

IoTシステムを開発するには、スマートフォンのアプリとは違って、ハードウェアなどのデバイスの開発が欠かせません。

大量生産するにはコストもかかり過ぎ、人的リソースもかかります。

しかし、ラズベリーパイなら低コスト(4,500円)で購入できるため、手軽に開発をスタートできます。

また、場所もとりません。重さは45グラム、驚きのスマートコンピューターです。

株式会社アプリズムは、

AI・IoTに力を入れておりますので、

このラズベリーパイを使ったIoTシステムの開発に優位性を生み出します。

 

【開発事例】

試作品開発の支援

監視カメラシステムの開発

リモコン型エアコン制御システムの開発

 

Copyright(c) 2011 株式会社アプリズム|apprhythm All Rights Reserved.