先端技術開発(AI、人工知能・機械学習・IoT)

先端技術開発

大手メーカー様の先端技術研究部署(Research and development、R&D)と連携し、

研究開発(システム開発)を行っており、お客様の企業価値向上の原動力として、

競争優位性を生み出す技術を開発します。

注力する領域として「AI/人工知能、機械学習、IoT」と定め、

アプリズムの強みを持つ技術を生かし、

さらに進化させることにより、研究開発の方向性を示すことで、

より良い暮らしと社会を実現していきます。

研究開発モデル/研究詳細

・音声解析の知識(調音音声学、音響音声学など)および実務経験

・数理モデリング、数学の知識

・機械学習の知識

・統計解析、確率

現在いくつかの人工知能・機械学習の案件・プロジェクトが進んでいます。

・AI施策(データ収集・蓄積)(Yolo、Darknet)

・インテリジェントカメラ監視システム(ディープラーニング)

・Androidドリンクディスペンサ(IoT)

・音声認識アプリ開発(日本語、英語)

・IoT、家電クラウドアダプタ機器開発

・TensorFlow Liteを用いたAndroidアプリの研究開発(自社開発)

・センサーボードデータ蓄積による機械学習(振動、音声、加速度、赤外線センサー)

・機械学習(AI・データ分析)・信号処理技術などを組み合わせた画像認識や行動分析・推定を開発

・CPS:Cyber-Physical Systemを用いたセンサーデータなどリアルの情報を集め、分析・解析を行うシステム構築

システム開発環境

Python、Tensorflow(ソフトウェアライブラリ)、C++

Node.js(非同期型イベント駆動JavaScript 環境)

wxPython(GUI作成ツール)、YOLO(リアルタイムオブジェクト認識)

Darknet(ニューラルネット環境)、Keras(ニューラルネットワークライブラリ)

OpenCV(画像処理ライブラリ)、Docker(仮想化)、R

pytorch(深層学習フレームワーク)、Jupyter(データ分析ツール)

ROS(Robot Operationg System)

Anaconda(データサイエンス向けパッケージ)

MobileNet(モバイルアプリケーション向けのニューラルネットワーク)

Gazebo(シミュレーター)、mapviz(2D データの可視化)

GAN(敵対的生成ネットワーク)、htk (音声向けHMM学習ツール)

Julius(音声認識エンジン)、sequitur g2p(書記素音素変換)

Picogw(ホームゲートウェイアプリ)

echonet-lite(スマートハウスを実現する通信プロトコル)

MoekadenRoom(仮想スマートハウス)

GitHub(開発プラットフォーム)、ONNX(オープンフォーマット)

アノテーション、CNTK(MicrosoftのDeep Learningライブラリ)

Raspberry Pi、Orange Pi Zero Plus、GPU(演算装置)

Arduino(AVRマイコン)、FPGA(半導体IC )

Movidius(DeepLearning用開発ツール)

Python(パイソン)

Dropbox、Youtube、Instagramなど海外の非常に有名なWebサービスで使われている言語で、

デスクトップアプリや組込系といったWeb系以外での開発にも使われています。

Pythonはビックデータの扱いに長けていることから、

AI(人工知能)を活用したシステムを開発する際にPythonが多く選ばれるようになって来ています。

小規模から大規模まで得意とするこの言語は、まだまだ扱える開発会社が少ないものの、

近年非常に注目されている言語です。

株式会社アプリズムは
AI・IoT・CPSの研究開発に力を入れております。

☑AI:Artificial Intelligence:人工知能
☑IoT:Internet Of Things:モノのインターネット
☑CPS:Cyber Physical System:サイバーフィジカルシステム

株式会社アプリズム

〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-1-27 船場大西ビル4階

Copyright(c) 2011 株式会社アプリズム|apprhythm All Rights Reserved.