エッジコンピューティングにおける教育について

apprhythm : 2020-06-01

株式会社アプリズムは、

社内におけるエッジコンピューティングの教育・研修にて、

パナソニック株式会社のVieurekaを採用致しました。

今後Vieurekaを活用し、AIエッジアプリの開発を進めて参ります。

 

エッジコンピューティングとは

エッジコンピューティングとは、利用者のスマートフォンなどのインターネット

につながるIoT機器において情報を処理したり、

利用者に近いエリアのネットワークにサーバを分散配置して処理を行ったりする

コンピューティングモデルである。

米調査会社のガートナーでは、エッジコンピューティングについて、

「データの生成元、または、その近くでのデータ処理を容易にするソリューショ

ン」と定義している。

クラウドコンピューティングが、サーバを集約して集中して処理する

集中処理型に対して、エッジコンピューティングは、

ネットワークにおける端末機器において情報を処理したり、

ネットワークにサーバを分散配置して処理を行ったりする分散処理型となる。

 

株式会社アプリズム/AI

 機械学習、深層学習、エッジコンピューティング

 Machine learning、Deep learning、Edge computing

Copyright(c) 2011 株式会社アプリズム|apprhythm All Rights Reserved.