プレスリリース:国籍推定ソリューションについて

apprhythm : 2020-05-01

株式会社アプリズムは、インバウンド向け業界・業種において、来店客の分析サポートを目的にVieureka(パナソニック製AIカメラ)を活用したAIアルゴリズム・モデル開発(エッジコンピューティング)にて国籍推定ソリューションを開発致しました。

今後、インバウンド向け店舗様にて、実証実験を行います。

■推定可能国籍
 ・日本人
 ・中国人
 ・韓国人

■今後のリリース予定(6月以降順次リリース予定)
 ・国籍:ヨーロッパ系
 ・属性:年代・メガネ・マスク等の推定

株式会社アプリズムは、

今後の実証実験の成果を踏まえ、国籍推定のさらなる精度向上と実用化に向け、

学習モデルの教師データの継続的な収集、解析アルゴリズムの最適化に向けた

取り組みを続けていくとともに、

AIアルゴリズム・モデル開発に際して得られたノウハウを、他の様々な

産業分野に応用していくことで、社会や企業の課題解決に貢献してまいります。


■パナソニック様 vieurekaご紹介サイト
https://tech.panasonic.com/jp/bi/vieureka/

■パートナー 一覧(五十音順)
https://tech.panasonic.com/jp/bi/vieureka/partners.html

 

なお、設置するカメラ筐体で取得する映像については保存を行わず、

映像から個人の特徴量を抽出し、個人を特定できない抽象化したデータに

加工処理し即時破棄を行う。

施設の来訪者に対しては、

IoT推進コンソーシアム、経済産業省及び総務省が策定している「カメラ画像利

活用ガイドブックver2.0」に

準拠した一般的な掲示を実施予定とする。

 

【経済産業省】カメラ画像利活用ガイドブックver2.0について

https://www.meti.go.jp/press/2019/05/20190517001/20190517001.html


今後は、AI技術を提供していくことで、Society5.0の実現に貢献していく。

◆Society 5.0とは

サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を

高度に融合させたシステムにより、

経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)、

狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、

新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が

目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されました。

https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/

 

Copyright(c) 2011 株式会社アプリズム|apprhythm All Rights Reserved.