大阪大学 八木研究室と共同研究を開始

apprhythm : 2019-11-15

株式会社アプリズム(本社:大阪市、代表取締役:仙敷 久善)は、

介護事業における排泄処理のAIによる予測・検知を目的とし、

国立大学法人大阪大学 八木研究室と、共同研究を開始しました。

.

<八木研究室の概要>

本研究分野では、コンピュータビジョンと映像メディア処理に関する研究をして います.

センサ開発などの基礎技術から,ロボットに高度な視覚機能を与えるこ とを目指した知能システムの開発まで,視覚情報処理に関する幅広いテーマを 扱っています.

例えば,周囲360度を撮影できる全方位視覚センサ,内視鏡映像 の医用画像処理,人間の歩き方に基づく個人認識や意図・感情推定,反射特性の 計測とCGへの応用,ウェアラブルカメラを用いた防犯システム,近赤外光を用い た人体計測,3次元形状計測技術の開発などの研究です.

.

<国立大学法人大阪大学 産業科学研究所について>

.
1939年に大阪大学の前身、大阪帝国大学に設立。国内有数の理工学総合研究所として現在に至る。
中でも、情報科学分野において先進的な取り組みを続けており、つねに日本の情報科学分野を牽引。
.

URL:https://www.sanken.osaka-u.ac.jp/

Copyright(c) 2011 株式会社アプリズム|apprhythm All Rights Reserved.