アプリズムのPoC(Proof of Concept)

apprhythm : 2019-02-25

アプリズムでは、AIに力を入れております。

そこで、まず取り組まなければならないのが「PoC(Proof of Concept=概念検証)」です。

PoC

PoCは、本番導入に先んじて小規模なシステムを試験的に構築し、その有効性を調査・検証するために行うものです。

はやりの複数システムにまたがる業務プロセスを自動化するRPAや、人間の判断をコンピュータに任せるAI・機械学習を導入する場合も、その実用性や投資の妥当性を説明するためにもPoCの実施は必須となってきます。

ちなみにですがPoCは、コンセプト(概念)を検証するために行うものであり、すでにコンセプトが決定した本番導入前提のプロトタイプでないことを理解しておく必要があります。

つまり、PoCの結果が目的のコンセプトと合致しないのであれば、本番導入を断念するという判断を下すこともあり得るわけです。

PoCの流れは以下になります。

PoC(Proof of Concept)
現状業務プロセスの理解
PoC実施範囲の検討
評価KPIの検討
使用データの検討
教師データの検討
プロトタイプAIの構築
プロトタイプの検証
評価KPIの測定
結果レポート
本番導入検討

PoCで大切な事。

それは

「実用化できるかどうか」をどのように判断するか、です。

検証した結果をもって、実用化できるか否かを、定量的・定性的に判断する必要があります。

判断するためには、ゴールを明確にしておくことが大切です。

定量的なゴールの例としては、
「精度が何パーセント以上は必要か」
また、定性的なゴールの例としては、
「どんな出力であれば評価できて、それは誰が判断するか」
などです。

AI導入プロジェクト自体のゴール設定もそうですが
このPoCのゴール設定も重要です。

ゴールを決めておかなければ、ずるずると時間とお金だけが無駄にかかってしまうことになりかねません。

PoCからアプリズムにお任せください。

Copyright(c) 2011 株式会社アプリズム|apprhythm All Rights Reserved.