Android|WebView

apprhythm : 2012-09-20

Androidの画面部品に「WebView」というものがあります。

これを使うことによって、アプリケーションに簡単にWebブラウザの機能を付加することができます。

 

WebViewの基本的な使用方法について

WebViewは、Buttonなどの他の画面部品と同様に、アプリケーションの画面に配置できます。

例えば、レイアウトXMLでタグによって配置することが可能となります。

 

HTML+WebViewで制作すると、

ネイティブアプリで全部作るより簡単ですね。 

WebViewで出来ること

    • アプリ内でブラウザを使える
    • 任意のURLやHTMLを表示できる
    • HTMLのイベントをAndroid側で検知できる
    • HTML⇔Android間で情報のやり取りができる
    • 画面のこの部分はHTMLを表示、この部分はAndroidで作ったのを表示とかできる
Copyright(c) 2011 株式会社アプリズム|apprhythm All Rights Reserved.