【研究開発】RaspberrypiでのAI活用事例

株式会社アプリズムでは

研究開発の一環として社内に社員データを学習した出退勤補助システムを構築。

Raspberrypiと接続したドアセンサーのイベント通知にAIが反応し社員の判定を行っています。

 

 

画像認識(データ収集・蓄積・分析)

環境:Python、Tensorflow(ソフトウェアライブラリ)、C++、Node.JS

YOLO(リアルタイムオブジェクト認識)、Darknet(ニューラルネット環境)

Raspberry Pi、GPU

 

そのほかに、社内にていくつかの人工知能・機械学習の案件・プロジェクトが進んでいます。

・AI施策(データ収集・蓄積)(Yolo、Darknet)
・インテリジェントカメラ監視システム
・Androidドリンクディスペンサ
・IOT、家電クラウドアダプタ機器開発
・TensorFlow Liteを用いたAndroidアプの研究開発

 

株式会社アプリズムは

AI研究の基礎を全社員が体験し学習中。社内管理のAI化を目指します。

 

株式会社アプリズム

〒541-0053 大阪市中央区本町4-5-18 本町YSビル3F

Copyright(c) 2011 株式会社アプリズム|apprhythm All Rights Reserved.